株式会社バスキュールとスカパーJSAT、JAXAは2019年11月6日、国際宇宙ステーション(ISS)にスタジオを開設すると発表しました。

3社はISSの日本実験棟「きぼう」に番組スタジオ「The Space Frontier Studio KIBO(きぼう宇宙放送局)」を開設します。そしてISSのクルーがディスプレイを介して、地上とコミュニケーションをとりながら双方向ライブ配信を実施する予定です。

Sponsor Link

スケジュールとしては2020年にきぼうからの双方向ライブ配信をバスキュールが実施。2021年にはXR(AR/VR)による映像配信や超高音質放送・配信をおこないます。そして2022年以降には新たな通信システム構築による、超高音質ライブ放送・配信を実施する予定です。

なお、配信はBSスカパー!やYouTube、SNS等で実施される予定です。

 

Image: バスキュール/スカパーJSAT/JAXA
Source: JAXA
文/塚本直樹