NTTJAXAは2019年11月5日、地上と宇宙をシームレスにつなぐ超高速大容量な光・無線通信インフラの実現に向けた研究を開始すると発表しました。

これは、地球観測衛星や国際宇宙ステーション(ISS)、月近傍のゲートウェイと地上との通信インフラの実現を想定したものです。

Sponsor Link

具体的には、大容量化を実現する低軌道衛星MIMO技術の開発に取り組みます。そして、地球観測データ等の大容量データの超高速伝送の実現を目指します。

JAXAは衛星搭載用のテラヘルツコンポーネント技術を、そしてNTTはInP-HEMT/HBT技術を提供。観測においては氷雲などこれまで見えなかったものの可視化、そして100Gbpsを超える大容量衛星間通信の実現が期待されています。

そして今後、NTTとJAXAは宇宙利用におけるキー技術の整備、そして将来的には次世代の宇宙探査を可能とする自律的なエコシステム(生態系)の確立を目指すことになります。

 

Image: NTT/JAXA
Source: JAXA
文/塚本直樹