韓国サムスンのスマートフォンPRに使われた気球が2019年10月26日、アメリカにて落下しているのが発見されました。

サムスン・ヨーロッパはGalaxy S10 5Gのアピールとして、成層圏へとセルフィーを届ける「SpaceSelfie」を計画。気球は実際に、約35km上空でのセルフィーの受信に成功しています。

しかしミッションの成功後、SpaceSelfieはミシガン州の農場へと落下。気球は農場の保有主の夫婦によって発見されました。

この結果について、気球を運用していたラヴェン・インダストリーズは「気候条件により、予測より早いソフトランディングとなってしまった。けが人は出ていないが、不便をお詫びする」との声明を出しています。

 

Image: Gratiot County Herald
Source: Space.com
文/塚本直樹

 オススメ関連記事