米ブルー・オリジンは2019年9月25日、ニュー・シェパードによる宇宙旅行に向けたスケジュールを明かしています。

ニュー・シェパードでは6人乗りのカプセルを高度100キロメートルまで打ち上げ、宇宙旅行や科学実験を実施します。内部では微重力状態が体験でき、地平線や青い宇宙を眺めることも可能です。

また、ロケットはロケット噴射による地上への着陸や、再使用ができる設計となっています。

そして今後の予定としては、有人打ち上げの前に最低でも2回のテスト飛行を実施します。そして初の有人飛行は年内を予定しているものの、2020年へとずれ込む可能性が出てきました。

なお、ブルー・オリジンは超大型ロケット「ニュー・グレン」や「ニュー・アームストロング」、そして月着陸船「ブルー・ムーン」の開発も進めています。

 

関連:ブルー・オリジン、月面着陸船「ブルー・ムーン」発表 2024年にも宇宙飛行士を輸送

Image: ブルー・オリジン
Source: ニュー・シェパード
文/塚本直樹

 オススメ関連記事

【 sorae 広がる 】
フォローお願いします!
・Google news 配信
・Instagram ダイジェスト配信