宇宙ステーション補給機「こうのとり」8号機を搭載したH-IIBロケット8号機が、種子島宇宙センターより2019年9月25日1時5分5秒に打ち上げられました。

H-IIBロケット8号機は問題が発生することなく計画どおり飛行し、打ち上げから約15分後に「こうのとり」8号機を分離したことを確認。打ち上げに成功しました。

当初の打ち上げ予定だった9月11日は、静電気が発火源となり移動発射台開口部から火災が発生し延期。その後に再設定された9月24日では、「こうのとり」8号機の分離後のロケット2段機体がソユーズ宇宙船に接近する恐れがあるとして予め延期とし、翌日の25日に再設定されました。

なお、「こうのとり」は1号機から8号機までの全てにおいて打ち上げに成功しています。今回の8号機は、物資や実験装置、全天球カメラなどを国際宇宙ステーションへ届けることとなっています。

関連:JAXAとリコー、THETAをベースにした宇宙用の全天球型カメラ開発。こうのとり8号機で打ち上げ

Source: 三菱重工業 – NVS

 オススメ関連記事