20161030noo

国際宇宙ステーション(ISS)第48/49次クルーを務められた大西卓哉宇宙飛行士、ロシアのアナトリー・イヴァニシン宇宙飛行士、アメリカのキャスリーン・ルビンズ宇宙飛行士の3名が、約4か月のISSでの滞在を終え、ソユーズMS-01宇宙船で地球に帰還しました。

大西宇宙飛行士らがISSでの滞在を開始したのは、七夕にあたる2016年7月7日でした。滞在期間中はGoogle+を使い、宇宙飛行士としてのミッション、地球の写真、トイレ事情や些細な出来事など、ISSでの日常を私たちに伝えてくれました。

帰還前には、10月20日にISS第49/50次クルーを乗せたソユーズ宇宙船、10月23日にはシグナス補給船がISSに到着と、ISSは重要なミッションが続いていました。

-PR-

 

10月30日

午前6時15分:ハッチクローズ

午前9時37分:ドッキング解除

午後0時58分:地球に帰還

乗り物酔いしやすいと以前からおっしゃられていた大西宇宙飛行士ですが、笑顔で元気な姿を見せてくれました。

 

これから、大西宇宙飛行士は1ヶ月間から2ヶ月間に渡る、筋力や平衡感覚などのリハビリを行います。いつか日本でお会いできる日を楽しみに待ちましょう!

 

Source

  • Image Credit: NASA
  • NASA

-ads-

-ads-