-PR-

宇宙旅行の実現を目指すPDエアロスペースは3月1日、宇宙旅行のための事前訓練プログラムを今年6月から開始すると発表した。

PDエアロスペースは愛知県名古屋市の企業で、宇宙旅行の実現を目指し、宇宙船の開発を続けている。運用開始は2020年を目指している。

同社は宇宙機の開発を行うのと並行し、宇宙旅行の提供に向けて、宇宙旅行参加者が、より安全、安心に参加できるよう、訓練プログラムを開発したという。

訓練プログラムは、宇宙旅行の飛行環境を模擬的に再現し、負荷を体感することで身体学習すると共に、メディカルチェックにより、自己の状態を知ることを目的。訓練では、宇宙旅行の飛行過程で生じる「ゼロG(無重力)」と「プラスG(加重力)」の2種類を提供するとしている。

それぞれのプログラムは、心循環器系、呼吸器系の検査を行うメディカルチェック、宇宙旅行の概要、発生する物理現象、開発の状況や動向などの講義が行われる座学、航空機や遠心加速器など既存設備を利用し、宇宙旅行の飛行過程で生じる急激なG(重力)変化や加重力を模擬し、自身の体調変化などを体感できる実地の3部で構成されているという。

-PR2-

●対象
1) 宇宙旅行に申し込んでいる方 ※他社の宇宙旅行申込者も可
2) 宇宙旅行を検討中の方
3) 訓練だけでも受けたい方

●参加条件
10歳~70歳 ※年齢により細部条件有り

●期間
2日間(1泊2日)/セット ※宿泊は各自で別途予約要

●人数
7名/セット

●開催地
名古屋 ※県営名古屋空港、大名古屋ビルヂング(JR 名古屋駅前)

●費用
84万円/名(税抜)

●備考
現地集合、宿泊別

●その他
当面は、3か月毎に1~2セットを実施し、状況によって拡充していく計画です。第1回目は、2016 年 6 月 11 日(土)、12 日(日) を予定しています。 ※募集期間:3 月 1 日~5 月 13 日

Image Credit: PDエアロスペース

※その他、詳細は公式サイトをご覧ください。
※記事掲載後、定員に達したなどの理由で受け付け終了となることもございますので、ご注意ください。
※本記事は開催の告知が行われた時点で掲載しております。その後、イベントの日時やプログラムなどの詳細が変更となることもございますので、ご注意ください。

■2016.03.01 PDエアロスペース株式会社 プレスリリース 宇宙旅行のための訓練プログラム事業スタート
http://www.pdas.co.jp/documents/Press_160301.pdf

-ads-

-ads-