0217h-iia

三菱重工業と宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2月17日、X線天文衛星「ASTRO-H」を搭載した、H-IIAロケット30号機の機体移動を実施した。

Advertisements

ロケットは2月17日5時14分に、組立棟を出発。射点までおよそ500mの距離を約30分かけて移動し、5時39分に到着した。これから射点設備とロケットの接続作業が始まり、打ち上げに向けた準備が続けられる。

打ち上げ日時は2月17日(水)17時45分(日本標準時)で、打ち上げが可能な時間帯は17時45分~18時30分(日本標準時)とされている。なお、今後の天候状況等によっては、延期の可能性もあるとしている。

打ち上げの模様はYouTube、ニコニコ生放送などを通じてネットで生中継されるほか、日本各地でパブリック・ビューイングの開催も予定されている。

ASTRO-HはJAXAなどが開発した衛星で、X線を使って宇宙を観測することを目的としている。日本は1979年に打ち上げられた「はくちょう」に始まり、長年X線天文衛星を打ち上げ続けてきた。ASTRO-Hは2005年に打ち上げられ、2015年に運用を終了した「すざく」の後継機となる。ASTRO-Hの打ち上げ成功後には、「はくちょう」や「すざく」のような愛称が付けられることになっている。

またH-IIAロケット30号機では、打ち上げ能力の余裕を利用して、名古屋大学の「ChubuSat-2」、三菱重工の「ChubuSat-3」、九州工業大学の「鳳龍四号」の、合計3機の小型衛星も搭載されて打ち上げられる。

Advertisements

Image Credit: JAXA

■三菱重工|MHI打上げ輸送サービス H-IIA/H-IIBロケット│H-IIAロケット30号機によるX線天文衛星(ASTRO-H)打上げ カウントダウンレポート
http://h2a.mhi.co.jp/mission/countdown/h2a_f30.html

Twitterでフォローしよう