-PR-

1228hayabusa2

-PR-

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年12月25日、「はやぶさ2」の地球スイングバイの前後に、レーザー高度計(LIDAR)と地上の衛星レーザー測距局との間で、レーザー光を使った光リンク実験を行い、成功したと発表した。

「はやぶさ2」は12月3日に、「地球スイングバイ」と呼ばれる、地球の引力を使って軌道を変える運用を行い成功。目的地である小惑星「リュウグウ」に向かうための軌道に乗った。

JAXAによると、そのスイングバイ後に、オーストラリアのキャンベラ近郊にある豪州宇宙環境研究センターのストロムロ山局から、「はやぶさ2」のLIDARに向けてレーザー送信を試み、その結果、地球から距離670万kmのところでLIDARはレーザー光を受信し、1way(片道)の光リンクを確立することができたという。

惑星探査機との光リンクの確立には、搭載LIDARと地上のレーザー局の技術に加えて、精密な軌道予測と姿勢制御が必要。「はやぶさ2」の1wayリンク確立は、2005年の米国の水星探査機「メッセンジャー」や火星探査機「マーズ・グローバル・サーベイヤー」などとともに希少な実験成功例としている。

Image Credit: JAXA

■レーザー高度計(LIDAR)による光リンク実験 | トピックス | JAXA はやぶさ2プロジェクト
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/20151225_02/

-ads-

-ads-