-PR-

1129hayabusa2

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2015年11月27日、小惑星探査機「はやぶさ2」の地球スイングバイ軌道を3次元で表示するソフトウェアを公開した。

これは地球スイングバイを行う「はやぶさ2」の軌道や姿勢(共に計画値)を、パソコン上でインタラクティブに3次元表示することができるようになっている。

-スポンサードリンク-

12月1日から5日の間に、現在時刻に合わせて実時間で再生すると、地球に近付いた後に加速して遠ざかっていく「はやぶさ2」の現在位置や姿勢(計画値)と地球の関係をリアルタイムで俯瞰することが可能となっている。

開発にはJAXAが募集した寄付金の一部を使用したという。JAXAでは「本ソフトの使用により、皆様が「はやぶさ2」をより身近に感じて下さることを望んでおります」としている。

なお、動作保証確認済みOSはWindows XP/XP Professional x64/Vista/7となっている。

Image Credit: JAXA

■はやぶさ2スイングバイ軌道3次元表示の公開について | JAXA はやぶさ2プロジェクト
http://www.hayabusa2.jaxa.jp/topics/soft/

-スポンサードリンク-

-スポンサードリンク-