【SAPOD】今日の「宇宙画像」です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像や、各国の宇宙機関が公開した魅力的な画像、宇宙天文ファンや専門家からお寄せいただいた画像を紹介しています。(文末に元記事へのリンクがあります)

(引用元:sorae 宇宙へのポータルサイト)

Source
  • Image Credit: NASA/JPL-Caltech/ASU/SSI
  • sorae - 火星探査機「2001 マーズ・オデッセイ」が撮った衛星「フォボス」の満月

 

こちらは、soraeが2019年5月10日の記事内で紹介した『探査機「2001マーズ・オデッセイ」が撮影した火星の衛星フォボスの満月』です。この画像は、2001 マーズ・オデッセイに搭載されている熱放射撮像カメラ「THEMIS」によって2019年4月24日に撮影された、フォボスの赤外線画像(疑似カラー画像)です。

-PR-

(略)・・・「満月」のフォボスを撮ったもので、表面の物質の違いを読み取るのに適しています。特に注目されているのは、鉄やニッケルといった金属です。金属の比率や他の鉱物との混ざり具合を調べることで、フォボスが火星の破片からできているのか、それとも火星に捉えられた小惑星なのかを判断するのに役立つと考えられています。

画像を撮影した2001 マーズ・オデッセイは、その名の通り2001年4月に打ち上げられ、同年10月に火星の周回軌道へと入りました。先月から19年目に突入したベテランですが、現在も毎週数百枚のペースで火星表面やフォボスの画像を撮影し続けています。

(元記事より引用)

 

元記事を読む