【SAPOD】今日の「宇宙画像」です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像や、各国の宇宙機関が公開した魅力的な画像、宇宙天文ファンや専門家からお寄せいただいた画像を紹介しています。(文末に元記事へのリンクがあります)

(引用元:sorae 宇宙へのポータルサイト)

Source
  • Image Credit: International Gemini Observatory/NOIRLab/NSF/AURA; Image processing: T.A. Rector (University of Alaska Anchorage/NSF’s NOIRLab), J. Miller (Gemini Observatory/NSF’s NOIRLab), M. Rodriguez (Gemini Observatory/NSF’s NOIRLab), & M. Zamani (NSF’s NOIRLab)
  • sorae - 南天の夜空に輝く“スペアタイヤ星雲” ジェミニ南望遠鏡で撮影

 

こちらは、soraeが2023年11月8日の記事内で紹介した『惑星状星雲「IC 5148」』です。IC 5148は、海外では「Spare Tyre Nebula(スペアタイヤ星雲)」とも呼ばれています。

-PR-

米国科学財団(NSF)の国立光学・赤外天文学研究所(NOIRLab)によると、IC 5148の膨張速度は毎時約18万km(毎秒約50km)で、既知の惑星状星雲のなかでも膨張速度が最も速いものの一つだといいます。

星雲の中心で輝いているのは白色矮星であり、かつては太陽と同じくらいの質量の恒星だったと推定されています。太陽が恒星としての寿命を終える数十億年後の太陽系にも、このような惑星状星雲が形成されることになるのかもしれません。

(元記事より引用)

 

元記事を読む