【株式会社QPS研究所 プレスリリース(2023年6月7日)】QPS研究所の小型SAR衛星6号機 「アマテル-Ⅲ」の打上げオンライン・パブリックビューイング開催決定のお知らせ -2023年6月以降にSpaceX社Falcon9で打上げ予定です-

(引用元:株式会社QPS研究所 - PR TIMES)

世界トップレベルの小型SAR(※1)衛星の開発・運用を行う株式会社QPS研究所(福岡市中央区、代表取締役社長CEO:大西俊輔、以下QPS研究所)の小型SAR衛星QPS-SAR 6号機「アマテル-Ⅲ」は、2023年6月以降にSpaceX社Falcon9によって打上げ予定です。今回、この打上げのために、福岡県宇宙ビジネス研究会運営のもと、Youtubeオンライン配信のパブリックビューイングを実施する運びとなりましたのでお知らせいたします。当日は、打上げの様子とともにQPS研究所代表取締役社長 CEO 大西 俊輔、代表取締役副社長 COO 市來 敏光、そしてファウンダーの八坂 哲雄より衛星プロジェクトの背景や弊社の衛星によって目指す世界、開発秘話などお話しさせていただきます。また、今回は会場に衛星開発のパートナー企業の代表者の皆さんにもお集まりいただき、一緒に配信イベントを盛り上げます。

QPS研究所は小型SAR衛星36機による準リアルタイム観測データ提供サービスを目指しており、現在2機の衛星を運用中です。2022年10月に、本格商業衛星となるQPS-SAR 3、4号機の打上げを試みましたが、ロケットの失敗により軌道投入ならず、続く5号機は契約したロケット事業会社の状況により現在打上げ日を新たに調整中です。そのような中、この度5号機に先行して6号機の打上げを迎えることとなりました。

打上げの日時につきましてはSpaceX社からの公表が24〜48時間前になる予定とのことで、直前にはなりますが、確定されましたら公式HP(https://i-qps.net)のNEWS、公式twitter(@QPS_Inc)でお知らせいたします。

-PR-

<ライブ配信について>

福岡県宇宙ビジネス研究会のYoutubeチャンネルでパブリックビューイングをライブ配信いたします。

URL:https://www.youtube.com/channel/UC-CH5pUXZa1OLDeCCBS_NZQ

 

補足事項

本記事は、公開されているプレスリリースの全文、またはニュースの一部を引用・転載し、編集掲載しています。詳細は記事末のリンクからプレスリリース掲載サイトおよび公式サイトを参照してください。

 

元記事を読む