【SAPOD】今日の「宇宙画像」紹介です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像や、各国の宇宙機関が公開した魅力的な画像、宇宙天文ファンや専門家からお寄せいただいた画像を紹介しています。(文末に元記事へのリンクがあります)

(引用元:NASA ジェット推進研究所(JPL))

Source
  • Image Credit: NASA/JPL/Space Science Institute
  • NASA JPL - Ringside with Dione

 

繊細な環の影が落ちた土星を背景に写っているのは、土星の衛星ディオネです。淡いゴールドとブルーの色合いをした土星本体と、モノクロームのディオネのコントラストが美しい1枚です。

下にある細い線のようなものは、真横から見た土星の環。ディオネはまるで土星の環の上に浮かぶ巨大な雪玉のようにも見えます。

-PR-

この画像はアメリカ航空宇宙局(NASA)と欧州宇宙機関(ESA)の土星探査機「カッシーニ」によって2005年10月11日に撮影されました。

また、soraeの以前の記事で「衛星ディオネと真横から見た土星の環」も紹介しています。そちらもどうぞ。

土星本体を背景に細く写る土星の環、および土星の衛星ディオネ(Credit: NASA/JPL/Space Science Institute)
【▲ 土星本体を背景に細く写る土星の環、および土星の衛星ディオネ(Credit: NASA/JPL/Space Science Institute)】

 

用語解説

【ディオネ(Dione)】
ディオネは土星の第4の衛星で、天文学者ジョヴァンニ・カッシーニが
1684年に発見しました。
【カッシーニ(Cassini)】

NASAとESAの土星探査機。2017年4月から9月にかけて探査終盤のミッション「グランド・フィナーレ」(土星のかなり近くまで接近する軌道を周回しながら行われた観測)が実施されました。

 

元記事を読む