【SAPOD】今日の「宇宙画像」紹介です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像や、各国の宇宙機関が公開した魅力的な画像をピックアップしています。(文末に元記事へのリンクがあります)

(引用元:NASA)

Source
  • Image Credit: NASA, ESA, A. Barth (University of California - Irvine), and M. Revalski (STScI); Processing: Gladys Kober (NASA/Catholic University of America)
  • NASA - Hubble Views a Beautiful Luminous Galaxy

 

こちらは「りゅう座」の方向約1億6800万光年先のレンズ状銀河「NGC 5283」です。

NGC 5283は活動銀河の一種(セイファート2型)として知られており、その中心には狭い領域から強い電磁波を放射する活動銀河核(AGN)が存在しています。活動銀河核の原動力は超大質量ブラックホール(超巨大ブラックホール)だと考えられています。

-PR-

この画像は「ハッブル」宇宙望遠鏡の「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」と「広視野カメラ3(WFC3)」で取得したデータをもとに作成されたもので、アメリカ航空宇宙局(NASA)から2023年5月5日付で公開されました。

レンズ状銀河「NGC 5283」
【▲ NASAが公開したレンズ状銀河「NGC 5283」の全体画像】

NASAによると、ハッブル宇宙望遠鏡によるNGC 5283の観測は近傍宇宙に存在する活動銀河核の調査の一環として実施されたということです。

 

用語解説

【レンズ状銀河(lenticular galaxy)】
レンズ状銀河とは、銀河の種類の一つで渦巻銀河と楕円銀河の中間的な特徴を持っています。

 

元記事を読む