【SAPOD】今日の「宇宙画像」紹介です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像の記事を再度ピックアップしました。魅力的な宇宙の話題をぜひご覧ください。文末に元記事へのリンクがあります。

(引用元:sorae)

Source
  • Image Credit: NASA's Goddard Space Flight Center/Chris Smith (USRA)
  • sorae - 研究者も驚き。TESSが明らかにした「古代の北極星」の素性

 

こちらは、soraeが2020年1月13日の記事内で紹介した、古代北極星「トゥバン(りゅう座アルファ星)」の想像図です。

北の方角を示す目印として馴染み深い「北極星」。現在の北極星は「ポラリス」の名で知られる「こぐま座アルファ星」ですが、今からおよそ4700年前はポラリスではなく、地球から270光年ほど離れたところにある「トゥバン」(りゅう座アルファ星)が北極星の役割を担っていました。

-PR-

トゥバンは連星であることがすでに知られていましたが、TESS衛星による観測の結果、互いに周回し合う恒星どうしが重なり合って見えることで周期的に明るさが変化する「食連星(食変光星)」であることが初めて明らかになったのです。

トゥバンは太陽のおよそ4.3倍のサイズを持つ主星と、その半分のサイズを持つ伴星が、約51.4日ごとに互いを周回し合う連星です。以下の動画では、主星と伴星が周回し合う様子が映像で再現されています。

 

用語解説

【TESS(Transiting Exoplanet Survey Satellite)】
2018年に打ち上げられたNASAの太陽系外惑星探査衛星。系外惑星が主星(恒星)の手前を横切る「トランジット(transit)」が起こった時に生じる主星の明るさのわずかな変化をもとに、系外惑星を間接的に検出する手法(トランジット法)を用いた探査を実施しています。

 

元記事を読む