【SAPOD】今日の「宇宙画像」紹介です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像の記事を再度ピックアップしました。魅力的な宇宙の話題をぜひご覧ください。文末に元記事へのリンクがあります。

(引用元:sorae)

Source
  • Image Credit: NRAO/AUI/NSF; SARAO; DES.
  • sorae - X字形のジェットを持った電波銀河の謎に迫る

 

こちらは、soraeが2020年5月12日の記事内で紹介した、電波銀河のひとつとして知られる「PKS 2014-55」の画像です。PKS 2014-55は南天の「ぼうえんきょう(望遠鏡)座」の方向およそ8億光年先にあります。

この画像を撮影したのは、南アフリカ電波天文台の電波望遠鏡「MeerKAT」です。MeerKATを使った観測結果により、PKS 2014-55のX字形のジェットは「銀河中心核から双方向に噴出したジェットの一部が銀河へ落下するように逆流した際、その向きが銀河に受け流されるようにして別の方向へと曲げられたことで、特徴的なX字形の構造が形作られた」ということが明らかになっています。

-PR-
【▲ 今回の研究成果の解説図。オレンジの点線は銀河円盤を示す。逆流したジェットの一部が向きを変えられた(左の全体図の白い矢印)ことでX字形が形成されたとみられる。また、新しいジェット(右の拡大図の中央付近)の噴出方向は古いジェットのうち長い部分と揃っている(Credit: UP; NRAO/AUI/NSF; SARAO; DES.)】

 

用語解説

【MeerKAT(ミーアキャット)】
南アフリカ電波天文台(SARAO)の口径13.5mのパラボラアンテナ64台からなる電波望遠鏡。MeerKAT は当初は20台の電波望遠鏡からなる「KAT」(Karoo Array Telescope)として計画されましたが、64台まで増築することが許可されたため「MeerKAT」(more of KAT)と改名しました。この名前は、この地方に生息する「ミーアキャット」(学名:Suricata suricatta)にも因んでいるとのことです。

 

元記事を読む