【SAPOD】今日の「宇宙画像」紹介です。soraeが過去に紹介した特徴的な画像の記事を再度ピックアップしました。魅力的な宇宙の話題をぜひご覧ください。文末に元記事へのリンクがあります。

(引用元:sorae)

Source
  • Image Credit: Lauren Fanfer
  • sorae - 質量は太陽の3倍。観測史上最軽量のブラックホールが報告される

 

こちらは、soraeが2021年4月28日の記事内で紹介した、恒星質量ブラックホール(左)と赤色巨星「V723」(右)を描いた想像図です。

オハイオ州立大学の研究グループは、太陽の約3倍の質量を持つ恒星質量ブラックホールを発見したとする研究成果を発表しています(2021年4月当時)

-PR-

その恒星質量ブラックホールは、「いっかくじゅう座(一角獣座)」の方向およそ1500光年先にある赤色巨星「V723」と連星を成しています。いっかくじゅう座の方向で発見されたことにちなんで「ユニコーン」と名付けられました。

ユニコーンとV723は約60日周期で互いの周りを公転しており、ユニコーンの重力がもたらす潮汐力によって、V723は引き伸ばされた形をしていると予想されています。

研究グループは、見つかったのは観測史上最も軽いブラックホールであり、中性子星とブラックホールの間にある「質量ギャップ」を埋めるものだとしています。

 

用語解説

【恒星質量ブラックホール】
質量が太陽の数十倍程度までのブラックホール。恒星質量ブラックホールと中性子星は、どちらも超新星爆発によって形成されると考えられています。理論上、中性子星の質量は太陽の2.5倍が上限であり、中性子星どうしの合体などによってこの質量を上回ると、潰れてブラックホールになると予想されています。そのいっぽうで、太陽の5倍よりも軽いブラックホールは過去に見つかっていませんでした。

 

元記事を読む