この画像はESAの地球観測衛星「Sentinel-2」が撮影したメキシコ北東部のヌエボ・レオン州の州都「モンテレイ」周辺です。2023年3月5日に取得されたもので、ESA Earth ObservationのTwitterアカウントが2023年3月25日付けで紹介しています。

(引用元:ESA Earth Observation Twitter)

Source

  • Image Credit: contains modified Copernicus Sentinel data (2023), processed by ESA, CC BY-SA 3.0 IGO
  • ESA – Earth from Space: Monterrey, Mexico

画像の中央に表示されている灰色の部分がモンテレイの都市です。この都市は人口が約500万人で、メキシコで2番目に多いとされています。

-PR-

モンテレイの都市付近は、従来は地下水によって満たされているサンタカタリーナ川が流れています。ESAによると、この写真が撮影されたときは干ばつした状態だったとのことです。

この画像を撮影した「Sentinel-2(センチネル2)」は、欧州宇宙機関(ESA)の地球観測プログラム「コペルニクス」を構成する地球観測衛星の1つです。主に、地球の海洋や陸地、大気の継続観測を行っており、Sentinel-2は2Aと2Bの2機で構成されています。

 

 

元記事を読む