この画像は実際の火星の大地の画像で、中央の小さな「穴」は火星探査車「キュリオシティ」によって掘られたものです。

(引用元:sorae(過去記事))

この穴は、直径0.6インチ、深さ2インチで、キュリオシティのドリルによって「ダルース」と呼ばれるターゲットに掘られ、「Mast Camera」によって2018年5月20日(ミッション2057ソル目※)に撮影されたものです。NASAによると、画像はホワイトバランスが調整され、コントラストを強めにしているとのことです。

※…1ソル(Sol)=火星での1太陽日、約24時間40分。

-PR-

 

 

Source

  • Image Credit: NASA
  • NASA – Going Forward

元記事を読む