株式会社NTTドコモ(以下、ドコモ)、スカパーJSAT株式会社(以下、スカパーJSAT)は、2022年10月12日(水曜)に、成層圏下層(上空約14km)から地上の受信機への38GHz帯の電波伝搬実験(以下、本実験)を実施し、世界で初めて※1電波伝搬測定に成功いたしました。両社は成層圏(上空約20km)に通信装置を搭載した高高度プラットフォーム(以下、HAPS)を飛行させることによる、空・海を含むあらゆる場所への通信サービスの提供を検討しております。本実験によって高速通信に適する38GHz帯の電波を利用した、成層圏から地上の固定局への通信サービス提供の実現可能性を実証しました。これにより、将来的にHAPSを用いた高速大容量かつ低遅延の非地上ネットワーク(Non-Terrestrial Network:NTN)の実現が期待できます。

(引用元:スカパーJSAT)

元記事を読む