国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)は、2022年度のH3ロケット試験機1号機の打上げに向けた開発試験の一環として、11月6日から11月7日にかけて1段実機型タンクステージ燃焼試験を種子島宇宙センターにおいて実施し、実機タンクを用いた1段推進系システムの総合確認を終了しました。

(引用元:JAXA)

元記事を読む