スポンサーリンク

株式会社ビーラボ日本国内クラウドファンディングキャンペーンで合計6900万円以上の支援額を集めた天体望遠鏡「eVscope 2」を2022年4月26日より、同社の運営するオンラインショップ「Glimpse」にて販売開始しました。

「eVscope 2」は、Unistellar社のスマート望遠鏡の最上位モデルで、専用のスマートフォンアプリと連動し、簡単かつ鮮明な画像で見たい天体を観察することが可能です。

販売を記念した数量限定の割引キャンペーンも実施し、最上位モデルの「eVscope 2」と既存モデル「eVscope eQuinox」の2種が対象。価格は「eVscope 2」が649800円(税込)のところ10%オフで584820円(税込)、「eVscope eQuinox」が379800円(税込)のところ15%OFFオフで322830円(税込)となっています。

製品概要やハードウェア情報は以下の通りです。

■製品概要

・統合型インテリジェント画像処理と光害低減
・1分以内でセットアップが完了する自動フィールド検出
・ニコンの映像事業で培った電子ビューファインダー(EVF)の技術をアイピースに採用
・望遠鏡システムを一括管理する小型コンピューター搭載
・サイエンスミッション用に35時間相当の観測データが保存可能なストレージ
・電動経緯台
・伸縮式の脚と一体型水準器を備えた頑丈な三脚
・5,000以上の天体を含むカタログとその最新情報を確認できるアプリ - iOSおよびAndroid対応
(最低要件:iOS12またはAndroid6以上、タッチスクリーン、GPS、Wi-Fi搭載)
・Unistellarネットワークのメンバーシップ
・最大10台のデバイスを同時に接続し、グループでの観測を体験。
・製品保証:2年間

■ハードウェア

・光学倍率       :50倍
・デジタル倍率     :最大400倍(最大150倍を推奨)
・限界等級       :1分で最大16等級、好条件の下、数分で最大17.7等級
・視野         :0.75 x 0.56°
・角分解能       :1.33秒角
・主鏡直径       :4.5インチ
・焦点距離       :450mm
・重さ         :9kg(三脚を含む)
・バッテリー駆動時間  :最大10時間(環境により異なる)
・センサーモデル    :Sony製 IMX 347
・スマートフォンとの接続:Wi-Fi 2.4GHz
・内部ストレージ容量  :64GB

「eVscope 2」と既存モデル「eQuinox」の比較(Credit: ビーラボ)

【▲「eVscope 2」と既存モデル「eQuinox」の比較(Credit: ビーラボ)】

 

Source

sorae編集部

スポンサーリンク