株式会社学研プラスは、2020年10月22日(木)に『科学と学習PRESENTS』シリーズの新刊『天体望遠鏡ウルトラムーン』を2,500円(税別)で発売することを発表しました。

学研は科学教育キットの定番商品として天体望遠鏡は改良を重ねており、今回登場する『天体望遠鏡ウルトラムーン』には今までのノウハウが詰め込まれた最新版になります。少ないパーツで組み立てやすい本体と、レンズには「星を探しやすい12倍」と「月のクレーターもはっきり見える25倍」といった2種類の倍率52mm口径(有効径46mm)の光学ガラス製アクロマートレンズが付属。さらにガイドブックが付属しており、購入した日から天体観測を楽しむことができる”はじめての方に最適な入門キット”となっています。

▲組み立て簡単、手軽に本格的な天体観測がはじめられる。左上:キット内容、右上:完成イメージ、下:一般的なカメラ用三脚に付けたところ。※三脚は別売(Credit: 学研)

また、天体望遠鏡ウルトラムーンを用いて観測できるのは月の地形だけではなく、「木星」や「土星」などの惑星、天候や環境に応じて「プレアデス星団(すばる)」「アンドロメダ銀河」「二重星アルビオ」などが観測可能です。

▲天体望遠鏡ウルトラムーンで観察できる天体のイメージ。上:木星とその衛星 左下:アンドロメダ銀河、右下:はくちょう座の二重星アルビレオ(Credit: 田村市星の村天文台)

なお、付属するガイドブックはオールカラー24ページで、天体望遠鏡の組み立て方をはじめ、天体観測の方法や月についての情報、天体望遠鏡ウルトラムーンで見たいおすすめの天体ガイドが掲載されています。

▲オールカラー24ページのガイドブック。調べ学習にも使える(Credit: 学研)

涼しくなってきたこの時期、お家の窓やベランダからじっくり天体観測を楽しむのも良いですね。なお、パッケージ掲載の三脚は別売なので、一般的なカメラ用の三脚を用意しましょう!

「天体望遠鏡ウルトラムーン」詳細

■キット内容
・組立式天体望遠鏡
・ガイドブック(オールカラー24ページ)

■ガイドブックのもくじ
・天体望遠鏡ウルトラムーンの組み立て方
・天体望遠鏡ウルトラムーンの使い方
・いよいよ天体を観察しよう!
・天体望遠鏡ウルトラムーンとレンズのひみつ
・月の名所ガイド
・月を地球から見ると -月のひみつその1-
・月に行ってみると -月のひみつその2-
・人類の月への挑戦
・天体望遠鏡ウルトラムーンで見たい おすすめ! 天体ガイド
・STEAMチャレンジ ガリレオのスケッチに挑戦!
・STEAMチャレンジ 木星とその衛星のスケッチ

■商品概要
『科学と学習PRESENTS天体望遠鏡ウルトラムーン』
ガイブック監修:渡部潤一 編:学研プラス
価格:本体2,500円+税
発売日:2020年10月22日(木)
判型:B5変型判/24ページ(付属ガイドブック)
電子版:なし
ISBN:978-4-05-750726-2

■取り扱い店
Amazon、楽天ブックス、セブンネット、学研出版サイト など

 

Source: 学研プラス

※「2種類の倍率のレンズ」と表記するところを「2種類のレンズ」と誤って表記をしておりましたので訂正させていただきました(2020年10月16日)

 オススメ関連記事