プラスチック製の組み立てブロックで有名なLEGOは、「LEGO Ideas」の10周年のイベントにて新製品の「LEGO Ideas International Space Station(国際宇宙ステーション/ISS)」を発表しました。

この国際宇宙ステーションLEGOキットには、ブロックで構成されたスペースシャトルと3つの小型輸送船、宇宙飛行士のマイクロフィギュアが2体が同梱され、全てのパーツを含めると864ピースに。また、LEGOにリリースでは、この製品の最大の特徴は「可動式のカナダアーム2」と「角度調節可能な8個のソーラーパネル」が、リアルに再現されているといいます。

大きさは、幅49cm、高さ20cm、長さ31cm。イラスト入り全148ページの説明書が付属します。LEGOファンも宇宙開発ファンも目を引く内容に仕上がっています。

2020年2月1日よりLEGOオンラインショップにて販売開始予定で、価格は69.99ドル。楽天市場やAmazonなど日本国内のネットショップでも数ヶ月以内に取り扱われると予測されます。

なお、LEGOこれまでに「アポロ計画 サターンV」や「超巨大ロケットと指令本部」「進め!火星探査車」など、宇宙開発分野に関するLEGOキットをリリースしています。

LEGOの宇宙開発分野のラインナップ(Credit: LEGO公式サイト)

https://twitter.com/LEGO_Group/status/1219636329035837441

Source: LEGO

 オススメ関連記事