アディダス・ジャパンは、宇宙のインスピレーションを受けたシューズ「Ultraboost 20」を12月6日に発売します。

Ultraboost 20」は、アディダスと国際宇宙ステーション米国国立研究所がパートナーシップを締結し、先端的なテーラードファイバープレースメント(TFP)技術搭載の新プライムニット360を採用した、かつてない密着フィットのランニングシューズ。アディダスのオプティマイズド”BOOST”ミッドソールとの組み合わせにより、究極の快適性と反発性を実現しています。

TFP搭載プライムニット360

カラーは宇宙を想起させるもので、デザインは「スペースシャトル」にインスパイヤされた完全宇宙モデルと言っても過言ではありません。また、ISS 米国国立研究所とのパートナーシップを象徴するパッチが、Ultraboost 20のシュータンにデザインされています。

なお、アディダスはUltraboost 20に航空宇宙技術を取り入れるだけではなく、2020年にBOOSTを補給船と共にISS米国国立研究所に送り込み、宇宙でテストを行う予定です。

価格は22,000円(税抜)でアディダス ブランドコアストア各店、アディダス オンラインショップ、ABC-MART各店、StePスポーツ各店、atmos各店で取り扱われます。また、12月3日にatmos各店や同オンラインショップでatmos限定モデルが先行発売されます。

atmos限定モデル ソーラーレッド 22,000円(税抜)

ラインナップの詳細はアディダスの公式サイトおよび取扱店を参照してください。

 

Image: アディダス・ジャパン