キヤノン株式会社は11月6日、天体撮影に特化したフルサイズミラーレスカメラ「EOS Ra」を12月上旬から発売します。

EOS Raは約3030万画素のフルサイズCMOSセンサーを搭載したデジタルカメラで、ローパスフィルターの特性をHα線の透過率が約4倍に高まるように変更。これにより、赤みの強い星雲を高精細かつ鮮やかに撮影できます。

さらにバリアングル液晶モニターを搭載することで画面の視認性が向上し、映像の拡大率も最大30倍へと向上。厳密なピントあわせを実現します。

なお、天体撮影にあわせた特性を実現する一方で、一般的な被写体の撮影には向かないそうです。

EOS Raはオープン価格で、市場想定価格は29万8000円(税別)となっています。

 

Image: キヤノン
Source: キヤノン
文/塚本直樹