スマホで星空撮影を。ファーウェイ、4眼カメラ搭載「Mate 30シリーズ」発表

中国ファーウェイは2019年9月19日、新型スマートフォン「Mate 30シリーズ」を発表しました。その中でも、最上位モデルに相当するのが「Mate 30 Pro 5G」となります。

Mate 30 Pro 5Gは6.53インチのカーブ有機ELディスプレイを搭載。この有機ELディスプレイは縁がほぼ直角に曲がることで、端末側面までの画面表示を可能にしています。

背面には4000万画素超広角+4000万画素広角+800万画素3倍ズーム+3D深度センサーカメラを搭載。また、フロントカメラは3200万画素+3D深度センサーカメラとなります。

また、P30 Proでは三脚を必要とせず月を撮影することができる上、”天の川も撮影できる”という暗所撮影性能を誇りました。Mate 30では超広角レンズのセンサーサイズが大きくなり、夜景撮影が更に強化されています。さらに、タイムラプス撮影でも星空をハッキリと捉えることができるとのこと。

プロセッサには「Kirin 990 5G」を搭載したことで、5G通信への対応を実現。RAM容量は8GBで、内蔵ストレージは256GBとなります。また、本体はIP68の防塵防水性能を実現しています。

Mate 30シリーズではGoogleが提供するサービスが利用できず、Google PlayやChrome、Gmail、Google マップなどが搭載されていません。そのかわり、ファーウェイの独自ストアとなるHuawei Mobile Services(HMS)を利用することになります。この点、ユーザビリティという点において通常のスマートフォンとはかなり異なるものとなりそうです。

なお、星空を撮影できることを売りにしているスマートフォンはファーフェイだけではありません。10月15日に発表されるGoogle Pixel4にも「星空撮影モード」が追加されるとの噂が流れています。Pixelシリーズは暗所撮影に強いイメージがありますが、カメラ性能を向上した新型のPixel4のスペックも気になりますね。

今後のスマートフォンのカメラは星空を美しく撮影できるなど、暗所撮影能力を競っていくことになりそうです。

 

Image/Source: ファーウェイ
文/塚本直樹

ページ上部へ戻る