一般社団法人SPACETIDEは、宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2022」を2022年7月19日(火)から21日(木)にかけて、開催すると発表しました。SPACETIDEは「アジア最大級の宇宙ビジネスカンファレンス」とも言われており、日本国内外の宇宙ビジネス分野において活動するプレーヤーが議論を行います。

(Credit: Spacetide)

SPACETIDE 2022は、東京・虎ノ門を中心としたオフライン会場とオンライン会場のハイブリット形式で実施される予定です。オフライン会場では、ネットワーキングの時間も設けられており、参加者が宇宙ビジネスに関心を持つビジネスパートナーと交流できます。なお、セッションとネットワーキングに参加するためにはチケット購入サイト「Peatix」(ピーティックス)でチケットを購入する必要があります。詳しい情報は公式サイトおよびチケット購入サイトをご覧ください。

SPACETIDE 2022のコンセプトは、「宇宙ビジネスは、新たな価値を届ける」です。1日目のイベント「Space-Enabled World」では、登壇者が、衛星リモートセンシングや衛星データ活用などの衛星ビジネスがもたらす新たな価値創造を、顧客の視点で議論します。2〜3日目の「Main Confarence」では、国内外で宇宙ビジネス分野において活躍する登壇者が、宇宙ビジネスの生み出す新たな価値を議論します。ここからは少し詳しく各日の詳細を説明します。

<1日目:7月19日>

1日目は、「Input Session:衛星リモートセンシング」からスタートします。このセッションでは衛星データの種類や利活用などを、衛星データを提供するプロバイダーやプラットフォーマーの方が説明・紹介します。その後、最前線で働く企業やプレーヤーによる議論が実施されます。

また、「Input Session:衛星通信」では衛星通信サービスを実施するプロバイダーによる最新動向や利活用事例の紹介があります。セッションの後には、衛星データ利活用の現在と将来についてさらに深く議論していきます。1日目の最後には、「Networking:衛星活用百花繚乱」として様々な分野の衛星データ活用事例を紹介しつつ、参加者の交流が行われます。

 

<2日目:7月20日>

2日目は各議論セッションの間に基調講演が設けられており、JAXA(宇宙航空研究開発機構)の山川宏理事長や株式会社ALEの岡島礼奈CEO、株式会社アストロスケールの岡田光信CEOによる講演が実施されます。


2日目のセッションでは、宇宙ビジネス業界で活動する海外のプレーヤー同士が議論を行います。テーマは「衛星通信の技術革新と市場ポテンシャル」や「商業宇宙ステーションがもたらす新たな価値創造」、「人類の宇宙進出の先にある未来社会」、「日本の宇宙産業の競争力と価値創造」、「国際連携が生み出す新たな宇宙ビジネス」、「欧州宇宙ビジネスのグローバル戦略」を予定しています。また宇宙業界に大きなインパクトを及ぼすVoyager Space Holding社の長期戦略について、同社のJeffrey Manber氏と一般社団法人SPACTIDEの代表理事兼CEOである石田真康氏の対談も行われる予定です。

※2日目に予定していた『小型ロケット企業「Rocket Lab」(ロケット・ラボ)のShane Fleming氏による基調講演』は、都合により中止となりました(7月6日追記)

 

<3日目:7月21日>

3日目のセッションも国内外のビジネスパートナーが議論を繰り広げます。テーマは様々な宇宙ビジネス領域にわたっており、「月と地球を繋ぐビジネスが生み出す価値」や「宇宙to地上の高速アクセスがもたらすもの」、「Fireside Chats: Breakthrough Startups in APAC」、「APAC宇宙ビジネスの意義と価値とは」、「輸送ビジネス」、「New Value Creation 宇宙ビジネスは、新たな価値を届ける」、「世界から見たAPACマーケットの可能性と価値」という議論が行われます。

また、アマゾン・ウェブ・サービスのClint Crosier氏、Privateer社のAlex Fielding氏、株式会社ispaceの袴田武史CEOが基調講演を行います。

 

SPACETIDE 2022の公式サイトとチケット購入サイトは、以下のリンクよりご覧ください。

SPACETIDE 2022 公式サイト

SPACETIDE 2022 チケット購入サイト

 

Source:

  • SPACETIDE 2022 公式サイト
  • 一般社団法人SPACETIDE - アジア最大級の宇宙ビジネスカンファレンス「SPACETIDE 2022」チケット販売開始!(プレスリリース)

文/出口隼詩