三大流星群の1つで毎年12月中旬頃に見られる「ふたご座流星群」が今年もやってきました!

2021年の「ふたご座流星群」は12月14日の午後4時頃に極大を迎えると予測されています。そのため見頃な日時は「13日の夜から14日の明け方」「14日の夜から15日の明け方」の2日間となります。

国立天文台によると、最も多く流れ星を見られるのは14日未明(13日深夜)の月が沈んでから明け方までとのこと(関東では午前2時から午前5時頃まで)。この日は普段よりも多く見ることができる可能性があり、街明かりなどに影響されない暗い空の場所では、1時間に40〜50個の出現が予測されます。また、15日未明(14日深夜)も1時間に30〜40個の出現が期待されています。

放射点は、ふたご座で一番明るい「ポルックス」の隣にある「カストル」の近く(図を参照)です。必ずしも放射点を中心に流れ星が出現するわけではないので、明るい箇所を直視しないように気をつけ、空全体を見渡すよう意識して観察しましょう。また、過度な期待をせず、気楽に夜空を眺めることが大事です。そして、この時期の夜から明け方は冷え込みますので寒さ対策をしっかりする」「体調を整えておく」など万全の準備を心がけてください。

なお、気になる天候は、気象庁(13日12時発表)によると、13日夜は太平洋側に晴れの地域が多く、14日夜は関東を除く地域で晴れの模様です。お住まいの地域の天候を予めチェックしておきましょう!

流星群の仕組みや母天体などは特集記事「年に数回見られる「流星群」とは?流れ星の実態を知ろう(https://sorae.info/extra/meteor-shower.html)」を参照してください。

 

Image Credit: 国立天文台, Shutterstock
Source: 国立天文台

 オススメ関連記事