ギャラリー エークワッドは、2022年12月開催予定の展覧会「月で暮らそう、月で遊ぼう 重力 1/6 のワンダーランド展」にむけて、月居住の未来を通年で考えるイベントを開催することを発表しました。

人類は好奇心を原動力に、科学を発展させ、想いをかたちにしてきました。時代と共に人類の生活圏は地球を超えて広がり、近い将来、月を超えて、火星まで行く見通しを立てています。

本展は、人類の未来を担うα世代たちの宇宙へのワクワクする気持ちに寄り添い、月での暮らしを専門家が一緒に考えます。完成したアイディアは展覧会で発表し、多くの方々と共有(Share) し、共感(Sympathy)する出会いの場にしたいと考えています。

月は重力が地球の 1/6 、軽~い身体に変身できるワンダーランド。月にあって地球にないものを探して、行きたくなるような月での未来の暮らしを一緒に考えてみませんか。

※本記事はプレスリリースから文章を引用しています。イベントに関する詳細やお問い合わせは文末のリンクから主催者にお問い合わせください。

■イベント概要

■1:オンラインレクチャー

宇宙開発の今や未来の宇宙での暮らし方について、専門家の先生たちがお話しをします。

日時  : 2022年3月5日(土) 10:00〜14:30(休憩あり)
ごあいさつ: 向井千秋 さん(東京理科大学特任副学長)

プログラム1:基調講演「未来を担うみなさんへ」
的川泰宣 さん(宇宙航空研究開発機構 (JAXA) 名誉教授、はまぎん こども宇宙科学館館長)

プログラム2:レクチャー「月に暮らしてみたら...い・しょく・じゅう」
その1衣「宇宙服から見る宇宙入門」
新井達也 さん(株式会社オーシャニアリング、宇宙システム部門)
その2食「宇宙時代の食を考える」
菊池優太 さん(SPACE FOODSPHERE 理事)
その3住「快適な宇宙空間とは...」
宮崎貴志 さん(竹中工務店技術研究所 上席研究員)

■2:きる・Transform ワークショップ「Moonメットをつくろう」

柔らかい素材のヘルメットに不思議な生地や糸を刺繍し、自分専用の「ムーン(Moon)メット」を作ります。

日時  : 2022年6月25日(土) 13:30〜16:30
講師  : ひびのこづえ さん(コスチューム・アーティスト)
対象  : 9〜12 歳
募集人数: 20名(申込み多数の場合は抽選)
参加費 : 1,000円
会場  : 竹中工務店東京本店1階Wi2(ワイスクエア)(東京都江東区新砂1-1-1)

■3:すむ・Camp ワークショップ「MoonHouseの暮らしを映画にしよう」

月に共同で住むことを空想して映画のシナリオを作り、演技や撮影、録音をして5 分間のショートフィルム をつくります。※ただし撮影は地球で行います。

日時  : 2022年7〜8月の土日(3日間)
*詳細は「応募要項(PDF)」をご覧ください。
講師  : 森内康博 さん(映像作家)
対象  : 9〜18 歳
募集人数: 計20名(申込み多数の場合は抽選)
参加費 : 1,000円
開催場所: 竹中工務店東京本店(予定)

■4:たべる・Munch アイディアコンテスト「Blue Earthの特別メニューを考えよう」

月から地球全体が見える満地球(Blue Earth)の日の特別メニューを募集します。応募アイディアの 中から5つのアイディアを選び栗原心平さんがレシピを考案、実現します。

提出締切: 2022年5月16日(月)
講師  : 栗原心平 さん(料理家)
対象  : 7〜18歳
提出物 : 応募用紙(A4サイズ)
*タイトル、イメージ(イラスト記入または貼り付け)、食材、こだわりポイント等を記載

■5:健康に過ごす・Build Up 会場で映像体験「宇宙体操で身体を動かそう」

月面では日々の運動が大切!森山開次さん考案・この展覧会オリジナルの「宇宙体操」を会期中会場 で上映します。映像と音楽に合わせてLet's Build up!!「すむ」ワークショップの中にも宇宙体操が登場します!

日時  : 2022年12月9日~2023年3月2日 予定(展示期間)
講師  : 森山開次 さん(ダンサー・振付家)
対象  : だれでもご参加いただけます(参加無料・事前申込不要)
開催場所: ギャラリーエークワッド

 

詳細や申し込みに関しては、ギャラリーエークワッドの公式特集サイト(http://www.a-quad.jp/exhibition/116/event_sp.html)を参照してください。

※オンラインレクチャーの説明項目が一部ワークショップの内容になっておりましたので修正させていただきました。(2月16日)

Source

文/sorae編集部