宇宙シンポジウムin串本(2022)

和歌山県串本町では、令和元年から建設が進められてきた「スペースポート紀伊」より、本年末に民間ロケット「カイロス」初号機が打上げられる予定です。

待望の初号機の打上げが近づいている中、和歌山県は「宇宙シンポジウムin串本」を2022年7月24日(日)に開催することを発表しました。当日の開催模様は、オンラインでも無料配信予定で、Synspectiveの新井元行さん、ALEの岡島礼奈さん、avatarinの深堀昂さん、スペースワンの豊田正和さん、東京大学大学院教授の中須賀真一さんらによる講演、パネルディスカッションが予定されています。

また、本シンポジウムでは、令和6年度に公立高校として全国初となる宇宙コースを新設する和歌山県立串本古座高等学校の生徒の皆様が司会・受付等の運営を行う予定となっています。


「宇宙シンポジウムin串本」概要

■開催日時
令和4年7月24日(日)13:30~16:20(開場は13:00~)
■主催
和歌山県
■協力
和歌山県立串本古座高等学校
■内容(PDFファイル)
https://www.pref.wakayama.lg.jp/prefg/063100/d00210562_d/fil/space_symposium.pdf
■参加方法
・現地参加(先着200名):満員御礼につき締め切り
・web配信:定員なし。YouTubeで生配信されます。
■申込方法
・こちらの申込フォーム(外部リンク)から
https://shinsei.pref.wakayama.jp/SksJuminWeb/EntryForm?id=ORiuNNPe

 

≪お問い合わせ先≫
和歌山県 商工観光労働部 企業政策局 産業技術政策課
担当:笠松・脇谷
TEL:073-441-2373 FAX:073-432-0180

 

sorae編集部

Twitterでフォローしよう