株式会社バスキュールは、2021年12月31日に国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟に開設された「KIBO宇宙放送局」から、年越しカウントダウンLIVE「THE SPACE SUNRISE LIVE 2022」を実施することを発表しました。KIBO宇宙放送局からのライブ配信は今回で4回目となります。

「KIBO宇宙放送局」は、ISSと地上を双方向でつなぐスタジオで、ライブ配信の第1回目は、中村倫也さんや菅田将暉さんが出演したことでも大きな話題となりました。第2回目は、昨年の2020年末に実施された年越しカウントダウンLIVE「さあ、宇宙の初日の出〜THE SPACE SUNRISE 20​​21〜」で、550万人以上が視聴したとのことです。

2021年のカウントダウンLIVE「THE SPACE SUNRISE LIVE 2022」は「みんなで #宇宙の初日の出 を見に行こう!」をテーマにし、Twitter社やコカ・コーラ社の協力により、視聴者参加型のキャンペーンも実施予定と告知されています。番組は、KIBO宇宙放送局公式Twitterアカウントやコカ・コーラ公式Twitterアカウント、THE SPACE SUNRISE LIVE 2022のWebサイトから視聴することが可能で、放送は12月31日23時30分からとなっています。

ハッシュタグ #宇宙なう とツイートすると、自身のTwitterアイコンが宇宙飛行士となり地球のライブ映像の上に飛び出す演出も(Credit: KIBO宇宙放送局)

【▲ハッシュタグ #宇宙なう とツイートすると、自身のTwitterアイコンが宇宙飛行士となり地球のライブ映像の上に飛び出す演出も(Credit: KIBO宇宙放送局)】

詳細は、KIBO宇宙放送局公式Webサイト(https://kibo.space/)や公式Twitter(@KIBO_SPACE)を確認してください。

なお、「THE SPACESUNRISE LIVE 2022」のプロジェクトでは、地球一周の旅のライブ配信を鑑賞しながら、リアルタイムに生成されるNFTアート(※)を購入できる準備を進めているとのことです。

※NFTアート:仮想通貨に用いられているブロックチェーン技術を利用した、保有の権利が保証されたデジタルアート。NFTは、非代替性トークン(non-fungible token)の略。

 

Image Credit: KIBO宇宙放送局
Source: KIBO宇宙放送局