内閣府宇宙開発戦略推進事務局と準天頂衛星システムサービス株式会社は、10月12日に「みちびき(準天頂衛星システム)ウェビナー ~初号機後継機打上げ&みちびき利活用最前線~」を行うことを発表しました。

現在、準天頂衛星システム「みちびき」は4機体制で運用しており、近日に初号機後継機の打ち上げが予定されています。2018年11月にサービスを開始し、スマートデバイスやカーナビゲーション、船舶の自動接岸やスポーツ競技などへ利用分野も拡大しています。

こうした状況を受け、内閣府は準天頂衛星「みちびき」のさらなる利用拡大に向け「初号機後継機打上げ&みちびき利活用最前線」と題して開催すると述べています。

ウェビナーに関する詳細や参加方法は、みちびきの公式サイト(https://qzss.go.jp/events/webinar_210921.htmlを参照してください。

 

Image Credit: 内閣府
Source: 一般財団法人日本宇宙フォーラム

 オススメ関連記事