マタキリは日本では「すばる」として親しまれています(Credit- EarthandSky)

ニュージーランド政府観光局は、マオリ暦の新年のお祝い「マタリキ(Matariki)」にちなんで、世界で最も美しい星空保護区として認定されているテカポ湖(レイク・テカポ)の星空をライブ配信します。7月19日(日)はニュージーランド政府観光局の日本語公式Twitterで、21日(火)には公式Facebook(英語)から実施されます。

先住民マオリと星のつながりは深く、マオリにとって星の位置を知ることは夜の航海には欠かせないものでした。マオリの探検家、クペは星を道標としながらニュージーランドに辿り着いたといわれています。マタリキは主に「星の名前」「星団の名前」「マオリ暦の新年」の3つを指している言葉です(※マタリキ:日本では「すばる」を指します)。

「マオリ暦の新年」であるマタリキは毎年6月から7月にかけて夜明けに北東の星空にマタリキ星団(すばる)が姿を現した時から始まり、日本のお正月のように何日も続き各地で様々なお祝いをします。また、先住民マオリの哲学は現代においても、ニュージーランドの人々の 、自然を敬い、すべての人と大地を護り(Kaitiakitanga)すべての訪問者を歓迎し、もてなし(Manaakitanga)家族のように大切にする(Whanaungatanga)ことの根幹となっています。今回のマタリキを機に同じ様な価値をもっている日本の方々とつながるひとときを楽しめるよう、ライブ配信を行うことを決定したといいます。

なお、ニュージーランドには国際ダークスカイ協会(IDA)が認定した星空保護区が3か所あります。その中でも世界最南端の天文台といわれる「マウント・ジョン天文台」があり、世界で最も美しい星空を観測できると言われているテカポ湖からライブ配信が実施されます。

テカポ湖の風景

星空保護区(ダークスカイリザーブ)に認定されているアオラキ マッケンジー地区(テカポ湖を含む)

■星空ライブ配信概要

日時: 2020年7月19 日(日) 19:00〜(日本時間)より30分程度
内容: 世界で最も美しいテカポ湖の星空ライブ中継でマタリキをはじめマオリ文化と星空の関係について解説
ナビゲーター: テカポ湖で 26 年、星空ツアーを催行しているダークスカイプロジェクト共同経営者の小澤英之氏
配信方法: ニュージーランド政府観光局公式 Twitter(https://twitter.com/purenzinjapan)で配信
◇参加費: 無料

※19日のライブ配信は、時差の関係上マタリキを見られない時間帯での実施となりますが、世界一美しい星空をライブ配信でお楽しみいただけます。
※21日の実施される公式Facebookでのライブ配信(英語)はマタリキを見ることが可能で、日本時間2:30〜(現地時間5:30)を予定しています。

 

Source: ニュージーランド政府観光局

 オススメ関連記事