株式会社角川アスキー総合研究所が運営する『MITテクノロジーレビュー[日本版]』は、宇宙ビジネスをテーマにしたテクノロジー・カンファレンス・イベント「Future of Society Conference 2019——宇宙ビジネスの時代——」を2019年11月29日に開催されます。場所は、東京日本橋、室町三井ホール。

「Future of Society Conference(FSC)」は、MITテクノロジーレビューの日本版編集部が主催するカンファレンス・イベントです。「テクノロジーが形作る世界を理解する」をコンセプトに、第二回となる今回は、「宇宙ビジネス」をテーマに開催。

新たに人工衛星のビッグデータの活用や資源開発に着目するベンチャー企業、新素材の開発を目指す繊維企業など、宇宙を活用とする企業・団体が増えている昨今、かつてのIT革命と同様に、今後の「宇宙革命」も様々な産業に大きな変化をもたらす可能性を秘めています。

FSC2019は、宇宙ビジネスの持つ可能性を産業界・アカデミック界のキーパーソンとともに議論し、新規事業として宇宙事業への参入を検討する企業が最新情報を集中的に得られる機会を提供します。

開催概要

■日時:2019年11月29日(金)10:30〜21:20 (ネットワーキングを含む)
■場所:室町三井ホール&カンファレンス
東京都中央区日本橋室町三丁目2番1号(日本橋室町三井タワー3階)
■料金:14,800円(一般)※税込
※ネットワーキング・パーティの参加には別途チケットが必要です。
■定員:250名(事前申し込み制)
■想定来場者:IT関連企業/通信会社/航空会社/建設会社等の新規事業担当者、
シンクタンクのリサーチャー、研究者、省庁関係者
■主催:MITテクノロジーレビュー[日本版](運営:株式会社角川アスキー総合研究所)
■後援(予定):内閣府宇宙開発戦略推進事務局、宇宙航空研究開発機構(JAXA)
■出展:Tellus
■協力:Peatix Japan株式会社
■公式Webサイト:https://events.technologyreview.jp/fsc2019/

Source: Future of Society Conference 2019