京セラ株式会社とブルーイノベーション株式会社は、ドローンを利用した「移動通信中継局」の共同開発を発表しました。

移動通信中継局は、災害現場などの携帯電話の電波が届かないエリアにおいて、通信中継局機能を持つドローンを複数飛行させることで、通常と同じような通信環境を可能とするものです。専用ドローンに搭載された通信ユニットがエリアを判断し、自動でネットワークを形成することができます。

京セラは無線通信技術を、ブルーイノベーションは複数ドローンの遠隔で制御に関する統合管理を担当し、共同開発を行います。今後は、LTEや5Gでの通信環境の構築実証を重ね、2021年度中の商用化を目指します。

 

Source: 京セラ/ブルーイノベーション

 オススメ関連記事