株式会社三栄は、2017年に発売した大好評を博した「FPV COMPACT DRONE」の機能をそのままにリニューアルした「FPV COMPACT DRONE R」を11月28日より発売します。

FPV COMPACT DRONE R」は、コンパクトな筐体で200g以下であることから航空法の規制対象外となるトイドローンです。本格的なドローンの様なライブ映像を無線接続でスマートフォンに転送する事ができる「FPV(First Person View)」機能を搭載。FPVドローンの入門機として練習用に最適です。

また、カメラは30万画素と控えめですが、スマートフォンに動画を保存する事ができるため、SNS用の素材などに用いることができます。

取扱店は、全国の書店または家電量販店。価格は8,000円(税別)で、前モデルの9,250円(税抜)と比較して1割以上安価となっています。

本体仕様

内容物:トイドローン本体、コントローラー、USB充電器 、説明書
対象年齢:15歳以上 
電源:本体リチウムイオン充電電池(付属)/コントローラー単4アルカリ乾電池×3本(別売) 
本体重量:約47グラム
飛行時間:最大5分 
操作距離:最大20メートル 
画素数:30万画素(動画/静止画720×576pixel) 
記録媒体:スマートフォン 
充電時間:約40〜60分 
機能:FPV(ライブ映像受信)/WiFi接続/静止画・動画撮影/自動離着陸/オートホバリング/上昇下降/前後左右移動/左右回転/宙返り/スピード切替/ヘッドレス/オートリターン 
対応OS:iOS 7〜/Android 4.1〜
パッケージ重量:約380グラム

Image/Source:株式会社三栄