DJIは10月31日、同社史上で最軽量となる折りたたみドローン「Mavic Mini」を発表しました。

Mavic Miniは折りたたむとスマートフォンサイズほどに小さくなるドローン。さらに海外版の重量が249グラムなのにたいし、日本モデルは専用バッテリーを装着することで199グラムに総重量をおさえています。これにより、安全性を確保した上での市街地での飛行も可能です。

本体には3軸ジンバル経由で1/2.3インチセンサーを搭載し、2.7K/30fpsや1080p/60fpsでの動画撮影、1200万画素の写真撮影が可能。飛行時間は最大18分で、最大2キロメートルのWi-FiシステムによるHDライブ配信に対応。機体にはGPSレシーバーと下方ビジョンセンサーが搭載されています。

さらに初心者向けのポジションモード、熟達者向けのスポーツモード、クリエーター向けのシネマモードを備え、ロケットやサークル、ドローニー、ヘリックスといったプログラム飛行も楽しめます。

Mavic Miniの価格はスタンダード版が4万6200円、フライモアコンボが5万9400円(どちらも税込)。すでに予約を開始しており、11月中旬の発売を予定しています。

 

Image/Source: DJI
文/塚本直樹