20171108ndocomo

日本郵政株式会社やNTTドコモ、株式会社自律制御システム研究所は共同で、「物流用ドローンポート」の実証実験に協力すると発表しました。主催はブルーイノベーション株式会社や東京大学となり、2017年11月13日に長野県伊那市永谷地区で実証実験を行います。

この実験は、ドローンの目視外飛行における安全に離着陸が可能かつ安価に設置できる「物流用ドローンポート」をテストします。このシステムは着陸支援だけでなく、人の侵入検知、気象計測を行い、荷物の取り下ろしにも利用できるんだとか。まさに、ドローンの基地として大活躍することでしょう。

-PR-

実証実験では、郵便局はドローンの発着場として利用されます。またドコモはドローンへのセルラーネットワークの通信環境を提供し、電波状況を考慮した運行計画システムの開発、提供を行います。実際の作業では、郵便局員が注文表を入れた箱をドローンに取り付け、約2km離れた道の駅に着陸後、注文の商品を箱詰め。そしてまた郵便局に向かって飛び立ち、商品を受け取るというものです。

遠隔地でははがきや小筒の中継場所として、郵便局が果たす役割は非常に大きいと聞きます。その郵便局をドローンの発着場として利用できれば、さらにスムーズな物流システムが実現できそうです。

 

Image Credit: NTTドコモ
文/塚本直樹

-ads-

-ads-