Advertisements


これで思いっきり遊べる?
 
遊んで楽しい、ビジネスも楽しみなドローンですが、やっぱり怖いのが本体の破損。空を飛ぶガジェットだから、落下時のダメージはそれ相応に大きくなります。特に高級モデルの多いDJIのドローンでは、ガシャーンとやってしまったら相当凹みそうです。
 
そんな中、DJIがドローン向けの破損保証「DJI Care Protection Plans」を発表しました。このプランでは、通常使用におけるドローンの本体とギンバル、カメラの破損6ヶ月か1年間保証されます。ただし、バッテリーやコントローラーは保証の対象外。保証内容は購入金額を上回らない範囲での無限の修理が可能と、充実したものです。
 
保証の対象国はアメリカ、ヨーロッパ、中国本土の3地区。日本については明言はされていません。対象機種はPhantom 3とInspire 1 V2.0の2機種となっています。また、ドローンは新品かアクティベートされていない、あるいはアクティベートされてから48時間以内である必要があります。各プランの価格は以下のとおりです。
 
Phantom 3 Standard:99ドル(6ヶ月)、129ドル(1年間)
Phantom 3 4K:139ドル(6ヶ月)、199ドル(1年間)
Phantom 3 Advanced:139ドル(6ヶ月)、199ドル(1年間)
Phantom 3 Professional:189ドル(6ヶ月)、279ドル(1年間)
Inspire 1 V2.0:499ドル(6ヶ月)、699ドル(1年間)
 
さらに、ドローンを完全に破壊しても過去に一度も保険を使っていなければ、新品との交換が可能です。ただし保証には細かい条件や規約がありますので、もしアメリカやヨーロッパ地域、中国本土でこの保証をお考えの方はDJIのサポートページをごらんください。
 
ドローンの操作に不安がある初心者パイロットには、この保証はとても役立つものとなるのではないでしょうか。
 
Image Credit: DJI
■DJI offers up AppleCare-like insurance for its drones
http://www.cnet.com/news/dji-offers-up-applecare-like-insurance-for-its-drones/

Advertisements

Twitterでフォローしよう