-PR-

160220nblue
政府は初となるドローン配達の実験を行う
 
千葉市が戦略特区に指定され、アマゾンも実験に参加する「ドローン配達」。さらに、政府は早くて3年以内に国内でドローン配達を実現すると2015年末に明言しています。そんな中、政府は無人航空機(ドローン)による貨物輸送実験を2月24日に実施すると発表しました。
 
今回の実験は、MIKAWAYA21 株式会社と共同で買い物代行サービスの事業化の実証のために実施されます。実験場所は徳島県那賀町鷲敷地区。利用されるのは、ブルーイノベーション株式会社製の8軸ローターのドローンです。
 

https://www.youtube.com/watch?time_continue=250&v=pqFwbyz1Hbs

-PR-

 
このドローンは8枚のローターを搭載することで、4枚ローターや6枚ローターのドローンよりも安定した飛行が可能です。なんと、それなりに強めな地上風速8m/sの風の中でも安定した飛行ができるんだとか。さらに、最大積載重量は6kgとドローンにしてはかなり大きな運送能力を誇ります。
 
ドローン配達で期待されるのは「運送にかかるコストの削減」。今回の実験でも、運送コストの高い過疎地での早期の事業化を実証し、さらに運搬時にどれくらい貨物に衝撃が加わるのかが検証されます。ドローンによる配達はまだまだ実験段階ですが、事業化がもっとも期待される分野。アマゾンでポチッた時の配送方法に「ドローンによる配達」が現れる日を待ちたいですね。
 
Image Credit: ブルーイノベーション株式会社
■政府初、無人航空機による貨物輸送実験を行います
http://www.mlit.go.jp/common/001119777.pdf

-ads-

-ads-