-PR-

-PR-

151224ndroinsu
DJIの人気ドローン「Phantom 3」
 
ドローンの安全性は12月10日に飛行ルールが施行されてからも常に話題となってきましたが、DJI JAPANはドローンに対する保険「ドローン賠償責任保険」を提供することにより、利用者の安全なドローン利用のサポートを開始します。保険の販売開始は12月24日からです。
 
DJIのドローン賠償責任保険は三井住友海上保険株式会社と共同で提供されます。保険の対象となるのは第三者への対人/対物にくわえ、プライバシー侵害などで引き起こされる人格権損害賠償責任も対象となっています。対象機種はPhantomシリーズ、Inspireシリーズ、Matrice 100、その他DJI製のフライトコントローラーを搭載した機体です。
 
151224ndroinsu2
DJI JAPANによる「ドローン賠償責任保険」
 
支払限度額はプランによって異なりますが、プランAなら対人/対物で1億円、プランBなら3億円、プランCなら7億円と、かなり充実した保険プランという印象を受けます。また、プライバシー侵害に対しても1名100万円、1事故1,000万円が支払われます。すでに同社の「Phantom 3」シリーズや「Matrice 100」には1年間の施設所有(管理者)賠償責任保険案内が同梱されているのですが、今回の保険はそれを保管するものだそうです。
 
151224ndroinsu3
公開された「飛行許可が必要なエリア」
 
さらにDJIでは、人口密集地などを考慮した「飛行許可が必要な飛行エリアマップ」を公開しています。12月10日から始まった「ドローンの飛行ルール」では人口密集地や空港付近、そして150m以上の高度の飛行には許可が必要となっています。今回公開された地図を使えば、どこでドローンを安全に利用できるのかがひと目でわかりますね!
 
Image Credit: DJI
■DJI、ユーザー向けドローン賠償責任保険と飛行許可が必要な飛行エリアマップの提供開始
http://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000010.000015765.html

-ads-

-ads-