-PR-

-PR-

151210nsecom
自律型小型飛行監視ロボット「セコムドローン」

セコム株式会社は2015年12月10日、民間防犯用の監視ロボット「セコムドローン」を利用したサービスを12月11日より開始すると発表しました。ドローンによる民間防犯サービスは世界初となります。12月10日よりスタートしたドローンの新ルールの開始とともに、民間企業によるドローン活用がますます広がりそうです。
 
セコムは以前より固定された監視カメラを利用して、不審者の映像を撮影したり、通報するサービスを行なっていました。しかし固定カメラでは遠くの不審者の精細な画像が撮影できないという問題があります。そこで、防犯カメラとLEDライトを装備した「セコムドローン」は不審な車や人物に近づき、精細な画像を撮影しコントロールセンターに送信することができます。まさに、ドローンの機動力を活かしたサービスというわけです!

セコムドローンのサイズは幅57cm、奥行き57cm、高さは22.5cmで、重量は2.2kgとなっています。DJIの人気ドローン「PHANTOM 3 STANDARD」と比べると、対角サイズはほぼ同じでセコムドローンの方が重くなっています。飛行速度は10km/hで、追跡時の飛行高度は3~5mです。

セコムドローンの利用料金は月額5,000円(税別)~。またドローンポートや制御部などを含む工事料は80万円(税別)~となっています。個人で導入するにはすこし金額的なハードルの高いセコムドローンですが、これまでの監視システムよりも一段上の安心を提供できそうです。それにしても、ドローンが侵入者に接近して画像を撮影するなんて、まさにSF映画の世界みたいですね!
 
Image Credit: セコム
■世界初、民間防犯用の自律型小型飛行監視ロボット 「セコムドローン」のサービス提供を開始
http://www.secom.co.jp/corporate/release/2015/nr_20151210.html

-ads-

-ads-