-PR-

アメリカ航空宇宙局(NASA)は7月30日、カッシーニ土星探査機によって撮影された、土星の衛星ミマスとパンドラの合の画像を公開した。

-PR-

この画像は5月14日に撮影されたもので、画像中央に写っている大きい衛星がミマスで、その下の小さい衛星がパンドラである。ミマスまでの距離は約110万kmで、パンドラまでの距離は約120万km。

ミマスは1789年に天文学者のウィリアム・ハーシェルによって発見された土星の衛星で、表面のほとんどがクレーターに覆われている。その中でも巨大な「ハーシェル・クレーター」は直径130kmに達し、大きな天体衝突によってできたと考えられており、今回撮影された画像からもその姿がよく分かる。

一方、パンドラは土星Fリングの近くを回っている羊飼い衛星(shepherd moon)の1つで、衛星プロメテウスと共に、Fリングの形を保つ役割を果たしている。1980年に惑星探査機ボイジャー1号が撮影した画像から発見された。

 

Source

  • NASA - Two Moons Passing in the Night

-ads-

-ads-