こちらは「うお座」(魚座)の方向約1億5000万光年先の渦巻銀河「IC 1776」です。IC 1776の形態はやや不規則で、渦巻腕(渦状腕)を1つ1つ見分けるのが難しい姿をしていますが、明るく輝く中心部や、新しい星が形成されていることを示す幾つもの青色の領域が捉えられています。

-PR-

【▲ ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された渦巻銀河「IC 1776」(Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Filippenko)】
【▲ ハッブル宇宙望遠鏡で撮影された渦巻銀河「IC 1776」(Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Filippenko)】

この画像は「ハッブル宇宙望遠鏡(Hubble Space Telescope:HST)」の「広視野カメラ3(WFC3)」で取得したデータ(近紫外線と可視光線のフィルターを使用)をもとに作成されました。

画像を公開した欧州宇宙機関(ESA)によると、ハッブル宇宙望遠鏡によるIC 1776の観測は、超新星爆発の余波や宇宙における物質の進化についての理解を深めるための研究の一環として実施されたということです。IC 1776では2015年9月に超新星「SN 2015ap」が検出されています。

冒頭の画像はハッブル宇宙望遠鏡の“今週の画像”として、ESAから2023年9月4日付で公開されています。

 

Source

  • Image Credit: ESA/Hubble & NASA, A. Filippenko
  • ESA/Hubble – Galactic isolation

文/sorae編集部

-ads-

-ads-