探査機「ジュノー」が木星の南極上空を飛行している想像図

【▲ 探査機「ジュノー」が木星の南極上空を飛行している想像図(Credit: NASA/JPL-Caltech)】

アメリカ航空宇宙局(NASA)は12月22日、木星探査機「ジュノー(Juno)」が2022年12月14日に実施した47回目の木星フライバイ(接近通過)の際にトラブルが発生したことを発表しました。

NASAによると、フライバイ時に取得された科学データをジュノーから地球へ送信(ダウンリンク)していた時に不具合が発生し、送信が中断されました。ジュノーが木星の磁気圏を通過した時に放射線が急上昇したことで、科学データが保存されているメモリに直接アクセスできなくなった可能性が高いと推定されています。

ジュノーを運用するNASAのジェット推進研究所(JPL)などはジュノーのコンピューターを再起動し、12月17には必要最低限のシステムだけが作動するセーフモードに移行させることに成功しました。12月22日の発表時点では復旧作業が進んでダウンリンクも再開されており、残りの科学データは12月末頃までに送信される予定です。フライバイ時に取得された木星および衛星イオの科学データに影響はなかったとみられていますが、データの健全性は科学データの送信が終わってから検証されます。

なお、ジュノーのセーフモードは1週間ほどで終了する見込みで、2023年1月22日には48回目の木星フライバイが予定されています。

Advertisements

 

Source

  • Image Credit: NASA/JPL-Caltech
  • NASA/JPL - Juno Spacecraft Recovering Memory After 47th Flyby of Jupiter

文/sorae編集部

Twitterでフォローしよう