相互作用銀河「IC 2431」(公開画像をトリミングしたもの)(Credit: ESA/Hubble & NASA, W. Keel, Dark Energy Survey, DOE, FNAL, DECam, CTIO, NOIRLab/NSF/AURA, SDSS; Acknowledgement: J. Schmidt)

【▲ 相互作用銀河「IC 2431」(公開画像をトリミングしたもの)(Credit: ESA/Hubble & NASA, W. Keel, Dark Energy Survey, DOE, FNAL, DECam, CTIO, NOIRLab/NSF/AURA, SDSS; Acknowledgement: J. Schmidt)】

こちらは「かに座」の方向およそ6億8100万光年先にある相互作用銀河「IC 2431」です。相互作用銀河とは、重力を介して互いに影響を及ぼし合っている銀河のこと。欧州宇宙機関(ESA)によると、IC 2431では3つの銀河の合体が進んでいるように見えるといいます。

画像に写るIC 2431の星形成活動や潮汐力による銀河の歪みは、合体しつつある銀河どうしの相互作用の様子を物語っています。また、銀河の手前側には厚い塵の雲が広がっていて、銀河の一部が隠されています。この宇宙では、銀河どうしの衝突・合体・すれ違いはめずらしい現象ではありません。こうした銀河どうしの相互作用は、銀河の進化における重要な側面だと考えられています。

関連:3つの銀河が互いに引き合う壮大な光景 “やまねこ座”の相互作用銀河

ESAによれば、IC 2431は市民参加型の天文学プロジェクト「Galaxy Zoo」で発見された銀河の一つです。Galaxy Zooでは10万人以上のボランティアが参加し、未調査の銀河90万個が分類されました。プロの天文学者が何年も費やした可能性がある作業を、ボランティアたちはわずか175日間で達成したといいます。この画像には、Galaxy Zooで発見された風変わりで素晴らしい銀河を観測したという「ハッブル」宇宙望遠鏡の観測データが用いられています。


冒頭の画像はハッブル宇宙望遠鏡に搭載されている「掃天観測用高性能カメラ(ACS)」、セロ・トロロ汎米天文台のブランコ4m望遠鏡に設置されている「ダークエネルギーカメラ(DECam)」、そして地上の望遠鏡による掃天観測プロジェクト「スローンデジタルスカイサーベイ(SDSS)」による光学観測データをもとに作成されたもので、ESAからハッブル宇宙望遠鏡の今週の一枚として2022年2月14日付で公開されています。

【▲ 相互作用銀河「IC 2431」(オリジナルの公開画像)(Credit: ESA/Hubble & NASA, W. Keel, Dark Energy Survey, DOE, FNAL, DECam, CTIO, NOIRLab/NSF/AURA, SDSS; Acknowledgement: J. Schmidt)】

 

関連:相互作用する大小2つの銀河。ハッブルが撮影した特異銀河「Arp 282」

Source

  • Image Credit: ESA/Hubble & NASA, W. Keel, Dark Energy Survey, DOE, FNAL, DECam, CTIO, NOIRLab/NSF/AURA, SDSS; Acknowledgement: J. Schmidt
  • ESA/Hubble - Tumultuous Galactic Trio

文/松村武宏

Twitterでフォローしよう