白亜紀末に地球へ衝突したのは崩壊した彗星? 衝突頻度を求めた研究成果

今からおよそ6600万年前、現在のユカタン半島北端付近に直径十数kmと推定される天体が衝突し、直径約150kmの「チクシュルーブ・クレーター」が形成されました。中生代白亜紀末に起きたこの衝突は、恐竜をはじめ当時地球に生息 … 続きを読む 白亜紀末に地球へ衝突したのは崩壊した彗星? 衝突頻度を求めた研究成果