木星の北極周辺の様子

木星探査機ジュノーが捉えた木星の北極で渦巻くサイクロン(疑似カラー)(Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS, Image processing by Gerald Eichstädt)

こちらの画像は、木星探査機「ジュノー」が捉えた木星の北極周辺の様子です。人の目で見た色合いではなく、活動的な雲の詳細が際立つように絵画のような色付けがされています。

画像には木星の北極で渦巻く中央の巨大なサイクロンと、それを取り囲んでいる複数の小さなサイクロンが写し出されています。中央のサイクロンは直径7000kmほどで、小さいとはいえ取り囲んでいるほうのサイクロンはそれぞれ直径4000~4600kmもあるといいます。こうした中央のサイクロンとその周囲にある複数のサイクロンという組み合わせは、木星の南極でも観測されています。

ジュノーが撮影した木星の南極周辺(色は強調されています)(Credit: Enhanced image by Betsy Asher Hall and Gervasio Robles based on images provided courtesy of NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS.)

ジュノーに搭載されている光学観測装置「JunoCam」によって撮影されたデータはウェブサイトで公開されていて、研究者だけでなく一般の市民でもデータをもとに画像を作成することができます。冒頭の画像は市民科学者のGerald Eichstädt氏が作成したもので、2020年2月17日から7月25日にかけての期間中にジュノーが実施した計4回のフライバイ(25~28回目)の際に取得されたデータが元になっています。

なお、2年前にはジュノーが赤外線の波長で観測したデータを元に、渦巻くサイクロンの様子を立体的に再現した動画も公開されています。

 

Image Credit: NASA/JPL-Caltech/SwRI/MSSS, Image processing by Gerald Eichstädt
Source: NASA/JPL
文/松村武宏

 オススメ関連記事